ミネラルファンデーション

MENU

ベアミネラルはコツを覚えれば誰でも美肌に!

ベアミネラル

最大のメリット
ビューティコレクションならブラシも含め多くのアイテムを試すことができる

 

最大のデメリット
使い方にコツがあること、人によって使い方が違ってくこと

 

ポイント
自分の肌質でファンデーションを選べる

価格

セット内容

評価

ビューティコレクション
9,400円(税抜)

 

トライアルキット
1,834円(税抜)

ビューティコレクションとトライアルキットのどちらを選ぶかで違うので要確認

ベアミネラル,レビュー

ビューティコレクションは一式全て試せるのが魅力的だけど、初心者に使いこなせないアイテムもあるし、お値段も高価だから慎重に選ぶべし!

ベアミネラルのレビュー

まず気になったのはブラシ。
ビューティコレクションについてくるブラシは、
ベアミネラルのブラシ
これらなんですが真中を除く左右にあるブラシは「ヤギ毛」だから、

 

  • アレルギーがある人は使えない
  • クルクルしてるうちに毛がボロボロ抜けてくる
  • 肌にチクチクとした刺激がある

 

何がいいのかがよくわからない…っていう、わたしには合わないブラシでした。真ん中のコンシーラーブラシはタクロン(ナイロン)だからそんなことなかったんだけど…。

 

 

 

ただ説明書通りに使っていたのでは毛穴へのカバー力は低いです。

この通り黄色い線で囲んだ部分で毛穴が目立ちます。
時間が経つとそのまま毛穴落ち…なんてことが最初の頃は多かったです。

 

 

毛穴をキレイにカバーするためのコツ
  • 顔の広い部分に比べて少なめにパウダーを使う
  • 専用下地のプライムタイムを先に使う
  • ファンデーションを塗る前にミネラルベールを使い毛穴を埋める
  • コンシーラーブラシを使いサマービスクとファンデーションを重ねて塗る

 

 

毛穴が気になるならファンデーションの前に下地(プライムタイム)や

他のパウダー

を使って毛穴の凸凹を滑らかにしておくと良かったです。

 

そうすると、

こんな仕上がりになって毛穴が目立たなくなります。
ちなみにわたしのお気に入りは下地よりもミネラルベールを先に使うことです。

 

下地はサンプルで1,2回分しかなかったのでその後はパウダーだけで対処できるように、ミネラルベールを使って毛穴を処理してからファンデーションを使う。というのがおススメです。

 

 

 

シミへのカバー力は正直、そんなに期待したほどじゃなかったです。

これでもサマービスク(コンシーラー)使ったんですよ。
その上からファンデーションを3回重ね塗りでこの仕上がりです。
毛穴とか赤みがキレイにカバーできただけに、濃いめのシミやニキビ跡へのカバー力がこの程度でちょっとがっかりでした。

 

 

ベアミネラルを上手に使うコツ

ベアミネラルはテレビで紹介されているような「クルクルトントンサッサッ」ってだけで美肌になれるほど使い方は簡単ではありませんでした。初心者にはおススメできないので気になるならビューティコレクションではなくファンデーションとブラシのセットにしておいた方がイイです。

 

上手に使うコツはパウダーをブラシに含ませる際、「こんなに力入れて大丈夫?」ってくらい力を入れ圧をかけてパウダーをクルクルと”練り込む”ことです。そうすることでパウダーからクリーム状になって、しっとりとした状態で肌に塗れるから、粉っぽさはほとんど気にならなくなります。

 

とにかく、力強くファンデを練る!がポイントです。

 

 
ベアミネラルの基本情報
シンプルな成分でありながら多機能型ファンデーション

成分は酸化鉄、酸化チタン、マイカ、酸化亜鉛、オキシ塩化ビスマスの5種類でとてもシンプル。この5種類を独自バランスで配合したのがベアミネラルのファンデーションです。

 

ビューティコレクションは返金保証付き

初回購入に限り商品到着後60日以内であれば、すべて使い切ってしまった後でも全額返金OKで安心です。

 

肌に優しい処方

オイル、タルク、香料、ワックスが不使用だからクレンジングの必要がなく洗顔だけでオフできます。

 

カバー力の高さ、崩れにくさ、低刺激を実現

使い方次第ではカバー力が高く、日中も崩れにくく、肌に対して低刺激ということでお客様満足度は98%。

 

 

 

ベアミネラルのメリット

  • 崩れにくく美肌が長続きするのに洗顔だけでオフできる
  • 仕上がりの好みで2タイプからファンデーションを選べる
  • ビューティコレクションならたくさんのアイテムを試せてお得
  • ファンデーションの色が合わない時は使用後でも無償色交換OK

 

ベアミネラルのデメリット

  • 最初から誰でも簡単に使いこなせるものではない
  • お悩み解決のために人によって使い方が異なる
  • 動物アレルギーがあるとブラシが合わない
  • 全てのアイテムを使ってのメイクは時間がかかって慣れるまで大変