ミネラルファンデーション

MENU

コスパがいいミネラルファンデーションを選ぶなら?

一見、内容量の割にお値段高かったりしますよね。だからこそコスパもミネラルファンデを選ぶ時の大事な要素。

 

いいものは長く続けていきたいのは誰でも一緒!ネットの声をピックアップ。

ミネラルファンデーションは使い方次第でコスパが変わる!?

◆パウダーだけだと乾燥するから一時期流行ったニベアや美容オイルに混ぜて使っていたら、あっという間に無くなっちゃった。毎日この使い方してると、どのミネラルファンデを選んでもコスパ悪すぎ

 

▼わたしもニベアと混ぜて使ったことがあります

これだと日中、肌が乾燥しないし何よりメイク落としがすごく楽になるので続けていたのですが、確かにパウダーはすぐ無くなっちゃってコスパはいいとは言えない使い方でした。

 

◆オイルと混ぜてリキッド化すればカバー力が上がる!ってことで試したけど、パウダーの減りが早いのでやめました

 

◆カバー力が欲しくて何度も重ねづけ…を毎日していたら気付いた時にはパウダーの残量が少なくてビックリしたことがあります

 

◆オンリーミネラルやベアミネラルなどパウダーがしっとりしているタイプは、一回の使用量が本当に少しでいいからコスパはいいですよ

 

▼オンリーミネラルとベアミネラルを価格と内容量で比較

  • オンリーミネラル…10g(大容量サイズ)で3,800円(税抜)…1gあたり380円
  • ベアミネラル オリジナルファンデーション…2gで3,200円(税抜)…1gあたり1,600円

確かにしっとり系パウダーは使用量が少なくて済むから、粉っぽいパウダーよりはコスパがいいように思います。ただベアミネラルは高い方だと思うのでコスパ以前に価格で断念しやすいかな。

 

◆手持ちの下地やコンシーラーを使ってミネラルファンデーションの重ねづけをやめたらパウダーの持ちがよくなった

 

◆BBクリームの上にフィニッシングパウダーとしてトゥヴェールのミネラルパウダリーを使っているけど、最後に薄く塗るだけでいいからファンデーションがなかなか減らなく手重宝している

 

▼ミネラルパウダリーファンデーションはパフでつける固形タイプのミネラルファンデーション

ブラシじゃなくてパフでつける固形タイプだからパウダーの無駄遣いをしなくて済むし、最後に薄く塗るくらいなら確かになかなか減らないです。

 

◆エトヴォスは肌に優しいのは嬉しいんだけど、カバー力がほとんどないからついパウダーをいっぱい使ってしまう分、減りが早いように感じる

 

◆ミネラルファンデーションだけじゃなくて専用下地もセットで使うとなれば、下地なしで使えるオンリーミネラルやレイチェルワインなどの方がコスパいいのは当たり前

普通に使った場合にコスパがイイミネラルファンデーションは?

◆ブラシよりもパフでつけるタイプのヴァントルテやトゥヴェールのミネラルパウダリーファンデーションがコスパよくておススメ

 

▼ヴァントルテ(左)とミネラルパウダリーファンデーション(右)

パフでつけるタイプはパウダーを出し過ぎたり使い過ぎる心配がなくて確かに経済的かも。メイク中にパウダーが飛び散る心配もないしね。

 

◆エトヴォスはファンデーションだけだと1g当たり1,000円しないからいいように思うんだけど、下地を一緒に使った方が仕上がりがキレイだから、それを考えると下地いらずなオンリーミネラルなどに比べて、「ファンデ+下地」ってなるからコスパ的にはどうなんでしょ…

 

▼エトヴォスの場合

  • ディアミネラルファンデーションは5gで3,000円、1gあたり600円
  • 2種類ある下地は各5gで2,500円、1gあたり500円
  • ファンデーション+下地=1,100円

単純に計算すると1gあたり数百円で済む下地なしで使えるオンリーミネラルやレイチェルワインなどと比べると割高になってしまいますね。

 

 

まとめるとミネラルファンデーションは人によって使い方が異なるもの。
だから一概に「コスパがいいものは?」で比べると1gあたりで比較するしかないんだけど、仕上がり重視で下地ありを選ぶか、価格重視で下地不要を選ぶか。によってコスパが違ってくるから、自分の好みに合ったものをいくつかピックアップして、その中からコスパがいいものを選ぶのが一番いいと思います。